介護保険サービス一覧

介護保険で受けられるサービスはどのようなものがあるか、なかなか解る人は少ないかと思います。

以下に介護保険サービスの一覧を表記しますので、参考になさってください。

【認知症対応型共同生活介護】

グループホームと呼ばれる施設で、要介護者でかつ認知症(痴呆高齢者)である人たちが5〜6人集まり、共同生活を営むことを指します。

サービス内容としては、食事や入浴、トイレなどの排泄など、日常生活に関する介護や、リハビリなどを行っています。

通常の住宅や民家などで生活をしている事が多く、趣旨としては私選な環境で生活をする事によって、痴呆症の方などには改善効果が得られるかもしれないと言うところからきているようです。

【特定施設入所者生活介護】

有料老人ホームなど厚生労働省令で定められた施設の事を指しています。
サービス内容は日常生活の世話や介護などを行う事です。

この施設のうち、各都道府県知事から指定を受けた施設(介護付き有料老人ホームなど)が施設内で介護サービスを受ける際に、介護保険を使用する際、「居宅介護」の給付を受ける事が可能となっています。

【居宅介護支援】

コムスンなどの問題で注目を集めましたのでだいぶ認知されましたが在宅介護サービスです。

ケアプランという介護サービス計画の作成や、そのサービスを提供する事業所や機関と調整や連絡を行う事を指しています。

居宅介護を利用する利用者にケアマネージャー(介護支援専門員)が直接面談をし、またそのご家族とも相談をしながら、利用者の状態や介護サービスの希望などを考慮しながらケアプランの作成を行っていきます。

また、ケアプランを作成するのはその一度だけではなく、介護状況によって変更される事もあります。

作成されたケアプランを基にして、事業所や機関、市町村などと調整を行い進めていきます。

介護利用料ですが、無料で利用する事が出来ます。

【福祉用具購入】

厚生労働大臣が定める「居宅サービス」のうちの介護保険法で定められているもので、入浴や排泄など介護に関する用具を利用するときに購入費が助成される事を指します。

購入額は1年で10万円を限度とし、購入時は利用者が全額負担をしますが、後で購入額の9割が市町村から返還されるシステムになっています。

【福祉用具貸与】

厚生労働大臣が定める「居宅サービス」のうちの介護保険法で定められているもので、要介護者などの日常生活上の便宜を図る上で必要な用具や、機能訓練のための用具を利用する際に、レンタル器具などを必要としますが、そのレンタル料が助成される事を指します。

用具が合わないときには変更可能です。料金はレンタル料の1割が助成されるようになっています。

【短期入所介護(ショートステイ)】

本来は居宅介護の方が、何らかの理由で短期的に認定された施設で生活介護やリハビリなどを受けて生活をするサービスの事を指します。

主に日常生活の生活介護(入浴や食事、排泄など)を受ける「短期入所生活介護」と、「短期入所療養介護」の2種類に分類されていますが、支給額は地域により差はありますが、「要介護度」によって決定されます。

【訪問入浴介護】

街で見かけることが多いと思いますが自宅から動けない方用に、「巡回入浴車」で利用者の自宅へ伺い、入浴介助をする事を指します。

特殊な浴槽を使用するため、ホームヘルパーが訪問介護で入浴介助をするのとは違い、看護士やスタッフが数名で入浴の介助をするようになります。

利用者が常時安全な状態でいられるように入浴後の健康管理などにも気を配るよう配慮した、入浴介護専門のサービスのことです。

他に、【訪問介護】【護福祉施設(特別養護老人ホーム)】があります。

介護保険適用介護福祉用具

福祉用具貸与(介護保険適用)について調べておきましょう。

介護用品などには高額なものも沢山有ります、貸与できるものがあればそれを積極的に利用し、購入補助も大いに利用していきましょう。

以下が介護保険が適用される貸与可能な福祉用具です。

【移動用リフトの吊り具の部分】

移動用リフトに連結が可能な物で、本体と利用者に合っているかどうか、ケアマネージャーなどの専門家とよく相談をして下さい。

介護保険で購入する際、購入費が助成されます。

【入浴補助用具】

「入浴用いす」、「浴槽用手すり」、「浴槽内いす」、「入浴台」、「浴室内すのこ」、「浴槽内すのこ」を購入する際、介護保険が適用され購入費が助成されます。

入浴時、座位の保持や浴槽への出入り等の入浴に際しての補助を目的とする福祉用具です。

購入する際は、利用者と自宅の浴室に合っているかどうか、ケアマネージャーなど専門家とよく相談をして決めるようにしましょう。

【特殊尿器】

排尿が困難な方、寝たきりの方でもその寝たままの状態で利用が出来る、尿を自動的に吸引する福祉用具です。

特殊尿器の構造は尿を受けるレシーバーと(男性用、女性用)尿をためるタンク部分で構成されています。

購入する際は、利用者の状態にあっているかどうかよく調査してから購入しましょう。

特殊尿器は購入費が介護保険で助成されます。

【簡易浴槽】

居室などで入浴が出来る福祉用具でポータブル浴槽とも呼ばれています。

浴槽には空気式、立て掛け式、折りたたみ式などがあり、排水および取水のための工事を伴わないものの購入費が、介護保険で助成されます。

利用する場所の給排水設備や、水蒸気など換気の事も考慮にいれて介護保険が利用できるものかどうかも調べて下さい。

利用者の状態にあっているか確認するのはもちろん、必要性があるかどうかもケアマネージャーなどの専門家とよく相談をして決めるのをお勧めします。

【腰掛便座】

トイレで使用する福祉用具で和式便器の上に置いて、和式を腰掛け式に変えて使用したり、または洋式の上において高さを補う物で、立ったり座ったりするのが困難な人が使うものです。

この腰掛便座は購入費が介護保険で補助されます。

【歩行補助杖】

松葉杖や、歩行が困難な人が使用している杖の総称です。

使用する際、体に合っているものか、長さが調節できる機能が付いているかなど、きちんと調べましょう。

介護保険料ではレンタル料が助成されますが、松葉杖、ロフストランド・クラッチ、多点杖、カナディアン・クラッチに限ります。

他に特殊寝台、痴呆性老人徘徊感知機器、じょく瘡予防用具、体位変換器、車いす、歩行器、てすりでも介護保険でレンタル料が助成されますのでご利用ください。

| 介護保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護保険の第2号被保険者の保険料

第1号被保険者とは 65歳以上の方で保険料は市町村が徴収します(年金から天引きや個別徴収)

第2号被保険者とは40歳以上65歳未満の方で医療保険加入者をいいます保険料は医療保険者が医療保険料として徴収し、支払基金を通じて市町村へ納付します。

今回はその介護保険の第2号被保険者の保険料を説明します。

40歳以上65歳未満の医療保険加入者(第2号被保険者)の保険料は、医療保険の保険料の一部として保険料が一括で徴収されます。

支払う保険料の額は医療保険によって異なるため、個人差があります。

これで徴収された介護保険料は医療保険者(社会保険庁、共済組合、国民健康保険、健康保険組合の保険者としての区市町村)によって社会保険診療報酬支払基金(支払基金)に納められるような仕組みになっています。

支払基金は全国の医療保険者から集められた第2号被保険者の保険料をその給付費に対して各区市町村に定率(平成18年度見込31%)で交付します。

納付の内訳として国民健康保険医療分と介護保険料分を合わせて国民健康保険料としいます。この金額を世帯主の方に納めていただきます。
また、保険料を同等額の国庫負担があります。

 均等割額          所得割額      年間保険料額

  1人        40歳〜65歳未満の
 12,000 円       加入者全員の     保険料の最高限度額
  ×      + 平成18年度住民税額 =   は8万
40歳〜65歳未満の    ×36/100
 加入者の人数

健康保険(政府管掌、健保組合、共済組合)に加入している方が払う保険料は、各医療保険者がそれぞれの医療保険法の規定に基づき計算し、既存の保険料と合算させて毎月お給料から徴収される仕組みになっています。


保険料は事業主が半分の額を原則として負担する事になっています。また、この保険料を支払う人は被保険者(サラリーマン本人)のみで、40〜65歳未満の被扶養者の方は納める必要が無いです。
| 介護保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。