介護保険の保険料

介護保険の保険料の額は、所得に応じて8段階に分類されています。

それぞれ段階別の保険料は以下のように分類されます。

【第1段階】

老齢福祉年金受給者かつ世帯全員が住民税非課税者/生活保護受給者の方
・基準額×0.5 25,800円

【第2段階】

世帯全員が住民税非課税で、合計所得+課税年金収入が80万円以下の方者
・基準額×0.6 30,900円

【第3段階】

世帯全員が住民税非課税で、上記以外の方
・基準額×0.75 38,700円

【第4段階】

本人が住民税非課税の方
・基準額×1.0 51,600円

【第5段階】

本人が住民税課税者で、合計所得金額が200万円未満の方
・基準額×1.25 64,400円

【第6段階】

本人が住民税課税者で、合計所得金額が200万円以上400万円未満の方
・基準額×1.5 77,300円

【第7段階】

本人が住民税課税者で、合計所得金額が400万円以上700万円未満の方
・基準額×1.75 90,200円

【第8段階】

本人が住民税課税者で、合計所得金額が700万円以上の方
・基準額×2.00 103,100円

税制改正により、平成18年度から介護保険料が大幅に増加する方がいらっしゃいます。これは、前年と同じ所得だとしても、住民税非課税者から課税者となったからです。

その方には、平成18年度から3年間で本来の段階に適した保険料となるように保険料額を調整していき、保険料の負担が急増しないように調整されることになっています。

上記の段階による金額はそれぞれ年額の事を指しています。
金額を納期回数で割った金額が納期別の納付額となります。
| 介護保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。