介護保険適用介護福祉用具

福祉用具貸与(介護保険適用)について調べておきましょう。

介護用品などには高額なものも沢山有ります、貸与できるものがあればそれを積極的に利用し、購入補助も大いに利用していきましょう。

以下が介護保険が適用される貸与可能な福祉用具です。

【移動用リフトの吊り具の部分】

移動用リフトに連結が可能な物で、本体と利用者に合っているかどうか、ケアマネージャーなどの専門家とよく相談をして下さい。

介護保険で購入する際、購入費が助成されます。

【入浴補助用具】

「入浴用いす」、「浴槽用手すり」、「浴槽内いす」、「入浴台」、「浴室内すのこ」、「浴槽内すのこ」を購入する際、介護保険が適用され購入費が助成されます。

入浴時、座位の保持や浴槽への出入り等の入浴に際しての補助を目的とする福祉用具です。

購入する際は、利用者と自宅の浴室に合っているかどうか、ケアマネージャーなど専門家とよく相談をして決めるようにしましょう。

【特殊尿器】

排尿が困難な方、寝たきりの方でもその寝たままの状態で利用が出来る、尿を自動的に吸引する福祉用具です。

特殊尿器の構造は尿を受けるレシーバーと(男性用、女性用)尿をためるタンク部分で構成されています。

購入する際は、利用者の状態にあっているかどうかよく調査してから購入しましょう。

特殊尿器は購入費が介護保険で助成されます。

【簡易浴槽】

居室などで入浴が出来る福祉用具でポータブル浴槽とも呼ばれています。

浴槽には空気式、立て掛け式、折りたたみ式などがあり、排水および取水のための工事を伴わないものの購入費が、介護保険で助成されます。

利用する場所の給排水設備や、水蒸気など換気の事も考慮にいれて介護保険が利用できるものかどうかも調べて下さい。

利用者の状態にあっているか確認するのはもちろん、必要性があるかどうかもケアマネージャーなどの専門家とよく相談をして決めるのをお勧めします。

【腰掛便座】

トイレで使用する福祉用具で和式便器の上に置いて、和式を腰掛け式に変えて使用したり、または洋式の上において高さを補う物で、立ったり座ったりするのが困難な人が使うものです。

この腰掛便座は購入費が介護保険で補助されます。

【歩行補助杖】

松葉杖や、歩行が困難な人が使用している杖の総称です。

使用する際、体に合っているものか、長さが調節できる機能が付いているかなど、きちんと調べましょう。

介護保険料ではレンタル料が助成されますが、松葉杖、ロフストランド・クラッチ、多点杖、カナディアン・クラッチに限ります。

他に特殊寝台、痴呆性老人徘徊感知機器、じょく瘡予防用具、体位変換器、車いす、歩行器、てすりでも介護保険でレンタル料が助成されますのでご利用ください。

| 介護保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。